スプリンクラー設備

スプリンクラー設備とは
消火設備の中で最も古くから用いられていたものの1つであり、
火災を感知すると、天井についているスプリンクラーヘッドから水を放出して
消火する、極めて有効な設備である。
写真
スプリンクラーヘッド(天井に設置されついる)
種類
閉鎖型 湿式 ・一般ビル向
配管内に水が充満している方式で、スプリンクラーヘッドの感熱部の可溶片が、熱のために溶けてシール部分が開き、湿式流水検知装置が作動して放水する。冬期配水管の凍結の恐れのない部分に使用する。
乾式 ・寒冷地工場向
乾式流水検知装置の二次側の配管部を加圧空気で満たし、スプリンクラーヘッドの感熱部の作動により加圧空気を放出し、乾式流水検知装置が作動して放水する方式。冬期凍結のおそれのある部分等に用いられる。
予作動式 ・病院、共同住宅、重要文化財、建造物、電算機室など
火災感知器等の作動により、予作動式流水検知装置が開放し、スプリンクラー配管中に圧力水を送り、更に加熱によるスプリンクラーヘッドの作動により放水を開始する。

※予作動式とはヘッドと火災感知器等の両方が作動しない限り放水しない。
※閉鎖型とは水の出口が常に閉じられているものをいう。
開放型 ・劇場の舞台部
開放型スプリンクラーヘッドを用い、火災感知器等と連動して作動するか、又は手動によって一斉開放弁を開いて放水する方式
※開放型とは水の出口が常に開いているものをいう。
システム図(閉鎖型)
システム図(開放型)
開放型スプリンクラー動作フロー
平常時一斉開放弁まで加圧水充満
火災
感知器作動
電磁弁作動
一斉開放弁開放
開放型スプリンクラーヘッド
連続消火
警報
管内流水
自動警報弁作動
受信機表示
手動弁操作
管内減圧
始動用圧力タンクの圧力スイッチ作動
ポンプ始動


住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。